夢を叶える

飲食店を開業したいと考えている人は多いようだ。そこには憧れや、夢、希望のようなものを感じる。
私たちにとってもっとも身近である「食」という文化。それを支える飲食店を経営したい、開業したいと考えるのは、一つの目標としてもちろん正当なものだ。

しかしここで考えなくてはならないことがある。それは、世の中にはいったい、どのくらいの飲食店が存在するのかということを。そして、毎年どれくらい数の飲食店が開業し、同時に閉業しているのかということを。
飲食店を開業し、経営を回し、発展あるいは維持をし続けるということは、想像以上に困難だ。大半の飲食店が資金が続かずに数年内に店を畳んでいる。閉業になれば、残るものは何もない。

飲食店経営の道は、はっきりと茨の道であると言える。

しかし、世の中には実際、上手く行っている飲食店もある。上手く行っている飲食店と上手く行かない飲食店の違い、それは果たしてどこにあるのだろうか?
その違いさえはっきりと抑えておけば、いざ開業しよう、経営を続けようとなったときに有意義であることは間違いない。
そこでここでは、飲食店の開業にあたって基本的な知識とも言える、「どのような飲食店を目指すべきか」という情報に迫ってみたい。

何をすればいいのか。また、何をしてはいけないのか。
常識では当たり前のように思われていることが、経営者の視点から見ると間違っていることもある。
些細な掛け違いから、大きな財産を失ってしまうことのないよう、今一度気を引き締めて学んでもらいたい。

オススメ外部リンク

フランチャイズ経営を始めませんか?「儲かる小売業フランチャイズ比較ガイド」

Search
Archives